2008年9月8日

父レオンと母エミリーの2回目の子として産まれる。

ルーク、グロリア、アムリタとは兄弟/姉妹。

産まれた時から一番大きな男の子。

月齢が増してもいつも一番大きく重く、将来が楽しみな子供だったが
非常に悲しい事に生後5ヶ月の時に突然の病に冒され2009年3月に虹の橋を渡ってしまいました。

彼が病気になった直後におなじように病気になってしまったアムリタ(姉/妹)のグルーミングを最後まで担当し続けた健気で優しすぎた男の子。

一週間という短い闘病生活の中、神様の元に帰って行ってしまいました。
もっともっといっぱいの思い出を一緒に作れなかったこと、本当にごめんね。

今はアムリタと二人で、空の上から皆を見守ってくれているはずです。


<名前の由来>
俳優マクシミリアン・シェルではなく、センダックの絵本、「かいじゅうたちのいるところ」に出てくる主人公の名前より。
主人公とは違い、物静かなタイプの子でした。